キャベツの育て方 キャベツ栽培ワンポイント

キャベツの育て方のポイント

  • プラグトレイで苗を作る

    キャベツ キャベツの種は畑に直播するのではなく、プラグトレイに種をまき、植え付け適期まで苗を育ててから畑に定植します。

     家庭菜園にナス、ピーマンなどの春夏野菜がまだ残っていても作業がすすめられ、それほど広くない場所でもたくさんのキャベツの苗を育てられます。

     また畑に直播すると、虫に食べられたり、病気にやられたりすることが多く、キャベツの種を多めに播かなくてはいけません。

     キャベツの苗を育てるときに、屋内や日陰で育てると、
    ひょろひょろな苗になり、畑に定植後、急に直射日光があたると
    キャベツの苗が熱でやられてしまいます。

     キャベツの苗を軟弱にしないためには 光と風を利用とします。
    光と風はキャベツの苗を丈夫にするだけでなく、 キャベツの病害防除にも重要な役割をします。
    温度が高い時期のキャベツ育苗では、 温度が上がりすぎないように キャベツに日よけする必要があります。
    その場合、とくに温度が高くなる時間帯だけ キャベツに日よけをし、
    できるかぎりキャベツ苗に 光を当ててやります。



    キャベツのとう立ち

    キャベツは苗が一定の大きさになったときに、 15℃以下の低温に一定期間あうと、 花芽ができ結球せずに花が咲いてきてしまいます。 キャベツは品種によって適期のタネまき時期を守り、 適切な大きさの苗で越冬させることが大切です。


あなたは上手にキャベツを作れていますか?

自分で野菜を栽培しようと家庭菜園を始めたが、どうもうまくいかない・・・
私もはじめは上手に野菜を作ることができませんでした。

あなたはもっと上手に野菜を作ってみたいと思いませんか?

下向き矢印1

そんなあなたに日本園芸協会の野菜つくり講座を紹介します。

野菜つくり講座なら、トマトやジャガイモなどの定番野菜や、珍しい野菜の栽培方法まで、
さらに、今注目の「無農薬有機栽培」についても 学べ、農薬や化学肥料を使わない、
健康にやさしい栽培方法が身につき、安全でおいしい野菜が自分で 作れるようになります。

そして、修了時に、日本園芸協会認定の「野菜栽培士」資格を取得できます。

野菜つくり講座を学ぶと・・・

私はこの野菜つくり講座のおかげで
病気でからしてしまっていたキャベツも上手に作れるようになりました。

枯れたキャベツ

枯らしてしまったキャベツ

キレイなキャベツ

上手に作れたキャベツ



横向き矢印1

おいしい野菜だねっていわれるのがうれしい

今ではおいしく作れるようになった野菜で
みんなとバーベキューをするのが 楽しみのひとつとなっています。

やっぱりおいしいといってもらえるのが一番うれしいですね。

野菜つくり講座

野菜づくり講座は有料ですが、無料の資料だけ読んでもかなり勉強になります

野菜は上手に作りたいけどお金を出して講座を受けるのはちょっと・・・
と思っている人は資料だけでも読んでみることをおすすめします。

野菜いっぱい

野菜つくり講座資料請求はこちら